ベクトル磁気特性解析 無料体験版ダウンロード実施中!! サブスクサービス開始!!

ニュース、トピックス

お知らせ2020/2/15
ミューテックのオフィス移転のお知らせ!新オフィス 252-0131 神奈川県相模原市緑区西橋本5-4-30 SIC2-2504 TEL 042-703-0550 FAX 042-703-0554
お知らせ2019/11/24
(EV・HEV駆動システム技術展)に出展およびセミナー実施致します!期間:2020.1.15wed~17fri、場所:東京ビックサイト青海展示棟(りんかい線東京テレポート駅)、テーマ:高効率モータ設計!ベクトル磁気特性解析。ベクトル磁気特性解析とスカラ磁気特性解析の違いを中心に、その有用性をご説明いたします。また、現在開発中のμ-EXCELモータ特性版では、モータモデル作成>FEMによる特性解析>効率カーブ出力の流れを実演します!出展社セミナーは1.16thu 13.:15-13:45に行います、合わせてご参加ください。ご来場をお待ちしています。
お知らせ2019/10/24
テクノスターユーザーカンファレンス2019のご案内! 株式会社テクノスターは日本発の高いCAE技術力を持つ会社です。自社開発の統合型CAEシステムJupiterは、プリ・ポストそして数々のソルバーを結ぶプラットホームからなり、大規模モデルへの対応力や直観的に扱いやすいインターフェースで定評があります。弊社ミューテックではベクトル磁気特性解析ソフトμ-E&Sを手始めに、Jupiterへの統合を進めています。カンファレンス2019では、その紹介も含め、多くの自動車大手の基調講演が企画されていますので、是非チェックしてみてください!(参加費無料、事前登録制、2019年11月29日at赤坂、「テクノスター」で検索下さい)
お知らせ2019/08/13
EVEX(EV・PHV普及活用技術展)に出展致します!期間:2019.9.11wed~13fri、場所:東京ビックサイト青海展示棟(りんかい線東京テレポート駅)、テーマ:高効率モータ設計!ベクトル磁気特性解析。ベクトル磁気特性解析とスカラ磁気特性解析の違いを中心に、その有用性をご説明いたします!ご来場をお待ちしています。
お知らせ2019/07/26
簡単操作!『Excelベースの熱・構造・電磁界解析ソフトμ-EXCEL』のサブスクリプションサービスを開始します!月額9,800円でμ-EXCELの多数のシリーズを自由にご利用可能になれます。【こんなご要望にお応えします】・いつも解析を必要としているわけではない、必要な時だけ使いたい・解析テーマが一つではない、磁場解析と温度解析を行いたい・費用は出来るだけ抑えて始めたい【そこで】・月額9,800円で、その間、お好きなシリーズをご利用できます・月単位の申し込みで、お受けします・ご利用期間が終了し、しばらく期間が空いても、いつでも再開できます。【詳しくは】上記「μ-EXCELのサブスクプラン このボタンから始まる」バナーをクリック下さい。
お知らせ2019/04/08
世界最高クラスの小型高効率モータ開発に成功!【ベクトル磁気特性解析を利用】 日経産業新聞(3/14)およびJAXAの記者発表(2/7)が上記タイトルの技術を公表。開発された小型高効率モータの特徴1)質量が25g出力50Wで連続運転可能2)低速回転から高速回転、低出力から高出力の広範囲で80%以上の効率3)毎分15000回転以上の高速回転では広範囲で85%以上の効率達成4)発熱が極めて少ない。モータ出力密度は従来の2倍を達成。この成果はJAXAの「宇宙探査イノベーションハブ」で、新明和工業、大分大学、日本文理大学、茨城大学等と共同開発。低質量高出力の為には高速回転が鍵だが、渦電流損は周波数の二乗で増加。そこでベクトル磁気特性技術研究所(榎園先生)が極薄鋼板で渦流損を抑えた高速高効率コア技術を、さらに茨城大(祖田先生)がベクトル磁気特性解析で鉄芯形状設計、ヒス損を低減。詳細情報は、5月22ー24日東京工業大学すずかけ台キャンパスで開催の「電磁力関連のダイナミクスシンポジウム」のオーガナイズドセッションでも発表。弊社が扱う「ベクトル磁気特性解析技術」の成果として是非ご聴講を、展示ブースに出展も致します。
お知らせ2019/02/22
ミューテックホームページの英語版配信開始!弊社ホームページの英語版をアップしました。特にベクトル磁気特性解析ソフトμ-E&Sに関しては、海外からの問い合わせも多く。また現在、μ-E&Sをアーヘン工科大学に貸出、評価が行われていますこともあり、ホームページの英語化を行いました。右上のスイッチで切り替え出来ますので、是非ご覧ください。
お知らせ2018/09/11
μ-EXCELの無料体験版を、Microsoft Excel64ビット版に対応させました。特殊な事情でExcel64ビット版を導入されているお客様にもμ-EXCELをお使いいただけるようになりました。ダウンロードはこちらから。

インフォメーション